離婚してまで結婚した今の夫は介護を相談され

普段、運転しないような人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。

こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。

簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、予想外の出来事が出てくるのが実際で失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費は交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査中の食費が加わることもあるみたいです。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用が算出されます。

調査にかかる時間が短いほど費用も安くすむわけです。GPS装置を用い、良く通っている地域の情報を得て、良く見える場所で観察し続けると、必ず相手はやってくるはずなので、その実態を把握することは可能です。

懐具合が心もとないときには、地図情報システムで調査するのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

GPS装置がつけられていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。

探偵が気づかれないようにしていても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって証拠を残さないようにし始めたりして、証拠が揃わないこともあります。

探偵が浮気調査をする場合、100%成功することはあり得ないのです。
詳細はこちら

うまく行かなかったときの報酬についても、契約書を作る際に決めておくことが大事だと言えます。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。

さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。